地質調査や地盤調査を行なう~安全確保第一~

住宅

色々な方法がある

一軒家

地盤調査には様々な方法があり、どちらにもメリットとデメリットは存在するものです。そのため、地盤に適した方法を用いて地盤調査を行なうことで安全性をしっかりと確かめることが出来るでしょう。

安心なマイホーム

一軒家

私たちは普段当たり前のように生活していますが、それは地盤調査がしっかりと行なわれているためだと考えられます。マイホーム購入時、地盤調査を行なわずに建設し、倒壊してしまえば元も子もないので確実に行なうことが大切です。

安全性の確認をする

住宅

地盤調査の目的と具体的な方法

地質調査や地盤調査は、土の堆積環境・生成発展について地質学的に調べ、土の物理的性質や力学的な性質を土質工学的に調べることで、地盤調査その主な目的は、地盤が建物を安全に支持できるかどうか、また、安全に支持できる方法を技術的に調べる方法です。住宅や建物がどんなに丈夫であっても地盤が弱ければ地盤沈下により家が傾いてしまいます。安全に家を作るた為には、地盤調査をすることが大切で、その方法としては、木造建築に適していると言われています、スウェーデン式サウンディング方式(SWS試験)があります、先端がキリ状の器具に荷重を掛け、25センチ下がるまでにハンドルを何回転させるかによって地盤の強さを表すN地を表します。次に、もつとも代表的なボーリング調査がありますが、木造住宅ではあまり使用されません。先端にサンプラーを取り付けたロットの上に63.5kgの重りを76センチ落下させて打撃します、地面に30センチめり込ませる打撃数をN値といい、N値よって地耐力が判ります。他にも表面波探査法地表から地中に向けて、振動波を発信して、地盤の硬さを調べる方法です。用途に合った調査方法で地盤調査を行うことが大切です。

用途に合った調査方法と費用

地盤調査方法は5箇所以上で行います、測定箇所は、建築予定の四隅と中央です。建物の中央は、建物の対角線の長い方の2分の1の箇所になります。地盤調査をするときは、建物の形状と配置が決まっていなければなりません。また、敷地に既存建物がある場合は、建物を解体した後でなければ地盤調査することはできません。建物を支えるのは基礎です、その基礎を支えるのは、更にその下の地盤です、基礎と地盤の直接面では建物の荷重と地盤の強さが力比べをしているようなものですが、仮に地盤が軟弱で建物の荷重に耐え切れない時は建物は沈下してしまいます。計画建物の地盤に耐えられるかどうか、見ただけではわからない、地盤の強さが地盤調査することによって数値で把握することができます。

役所に確認をする

工事

土地を購入したらまずは役所に地盤調査の確認をする必要があり、場合によっては地盤改良を行なう必要もあるでしょう。その場合、専門業者に依頼をして行なってもらうことが出来ます。